マネジメントシステム企業情報

ISO9001およびISO/IEC27001認証取得

ISO

カインズグループは品質マネジメントシステムおよび情報セキュリティマネジメントシステムの運用・継続的改善に取り組み、取引先や登録者、派遣スタッフに安心してご利用いただけるサービスを提供して参ります。

ISO9001[品質マネジメントシステム:QMS]

2021.9.1現在
認定機関 公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)
審査登録機関 一般社団法人 日本能率協会審査登録センター(JMAQA)
規格 ISO9001[品質マネジメントシステム:QMS]
(JIS Q9001:2015 / ISO9001:2015)
審査登録範囲 人材派遣における適性人材の選出、派遣及び派遣後の管理サービス

 

[認証範囲に含まれる事業所]
株式会社カインズ(東京都大田区)
株式会社カインズサービス蒲田本社(東京都大田区)
株式会社カインズサービス相模原営業所(神奈川県相模原市)
株式会社カインズサービス秋葉原オフィス(東京都千代田区)
株式会社アーデントスタッフ横浜本社(神奈川県横浜市)
株式会社アーデントスタッフ新宿オフィス(東京都新宿区)
株式会社カインズスタッフ西船橋本社(千葉県船橋市)

登録番号 JMAQA-552
初回登録日 2000年02月22日
登録有効期限 2024年02月21日
品質方針 社長は、カインズグループの品質方針を、「人材派遣における、顧客の信頼と満足を得るサービスを提供する」とする。
一、方針に合致した業務上の品質目標をカインズグループ全てで設定し、
  達成にむけて従業員全員が各自の役割を果たすことを徹底させる。
二、顧客要求事項への適合を通じて顧客満足と信頼を獲得する。
三、品質マネジメントシステムの継続的な改善を実施する。

 

ISO/IEC27001[情報セキュリティマネジメントシステム:ISMS]

2021.9.1現在
認定機関 情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)
審査登録機関 一般社団法人 日本能率協会審査登録センター(JMAQA)
規格 ISO/IEC27001[情報セキュリティマネジメントシステム:ISMS]
(JIS Q 27001:2014 / ISO/IEC 27001:2013)
審査登録範囲

①総合人材サービス(派遣・紹介)
②業務請負サービス
③福祉機器の通信販売事業

適用宣言書:2020年9月1日改定

[認証範囲に含まれる事業所]
①②③株式会社カインズ(東京都大田区)
①②株式会社カインズサービス蒲田本社(東京都大田区)
①②株式会社カインズサービス相模原営業所(神奈川県相模原市)
①②株式会社カインズサービス秋葉原オフィス(東京都千代田区)
①②株式会社アーデントスタッフ横浜本社(神奈川県横浜市)
①②株式会社アーデントスタッフ新宿オフィス(東京都新宿区)
①②株式会社カインズスタッフ西船橋本社(千葉県船橋市)

登録番号 JMAQA-S146
初回登録日 2016年03月11日
登録有効期限 2022年03月10日
情報セキュリティ方針 社長は、カインズグループの情報セキュリティ方針を、「カインズグループは、顧客及び派遣スタッフ等の信頼と満足を得るために、個人情報を含めた資産の機密性・完全性・可用性を確保する」とする。
一、当社は、顧客・派遣スタッフ・登録者・従業者等の個人情報を含め、組織に存在する資産に対してリスクアセスメントを実施し、必要な管理策を策定する。
二、当社は、次の事項を満たす情報セキュリティ目的を設定し、文書化した情報として維持し、教育を通じて伝達し、その目的を果たすことを確実にする。
 ・各部署の情報セキュリティ目的は情報セキュリティ方針と整合していること
 ・達成度合いが評価できること
 ・適用される情報セキュリティ要求事項、並びにリスクアセスメント及びリスク対応からの結果を考慮に入れていること
三、当社は、情報セキュリティに関連する法的又は規制要求事項、並びに利害関係者へのセキュリティ義務を順守する。
四、情報セキュリティマネジメントシステムの継続的な改善を実施する。
個別方針

アクセス制御方針
・情報に対するアクセス制御は、必要に応じて利用者毎にアクセスを制御します。
・アクセス権限は、役職・職務領域・情報の重要度・ソフトウェアなどの資産・システム毎に考慮し、必要な者に必要なレベルに応じたアクセス権限を与えます。

情報のバックアップ方針
・社内の機密情報及び情報資産に関するデータの管理は、定期的にサーバー内のデータをバックアップし、管理します。

情報資産の取扱い
・ISMS適用範囲で使用する情報資産を適切に管理するため、使用する情報資産を洗出し、その重要度に応じたラベリングや取り扱いの許容範囲の設定に応じた管理策を選択し、実施する。

電子的メッセージ通信
・情報資産の機密性、完全性、可用性を保護するために、情報資産の重要性、及び技術の進歩を考慮して、適切な暗号化技術を適用する。

物理的セキュリティ境界
・物理的セキュリティレベルを定め、そのレベルに従った入退管理策を実施する。

クリアデスク・クリアスクリーン
・書類(データ)は、重要度を区別できるように整理する。重要書類(データ)等は、帰宅時にセキュリティが確保された保管庫等に格納する。
・PC端末やプリンタを使用中に離席する場合、ログオンの状態や、印刷したまま放置しないようにする。
・PC端末は、スクリーンセイバーを利用し、長時間使用しないときにはパスワードをかけるなどの保護対策を実施する。
・帰宅あるいは長時間離席する時は、PCをシャットダウンする。

 

マネジメントシステム

当社は、国際規格「ISO 9001」「ISO/IEC27001」を認定取得。さまざまな分野でクライアント企業にハイクオリティーなサービスを提供しています。

個人情報の管理

  • スタッフの個人情報、顧客の機密情報等の管理方法を規定し、漏洩防止策を徹底しています。
  • 書類の管理においては書類ナンバーリングを含め定期的 チェックを常態化しています。個人情報、顧客の情報等は、鍵つきの書庫にて厳重な管理体制を確立しています。
  • 個人情報、機密情報の監視を含めたマネジメントシステムの機能チェック体制として、「内部品質監査員制度」による定期的な監査を実施しています。

教育訓練

  • スタッフのスキル向上のために、OA操作やビジネスマナー、各種技能の教育・訓練を実施しています。また必要な資格取 得の支援を行うなど、万全のサポート体制を整えています。
  • スタッフをサポートする管理部門に対しては、下記の9つの教育訓練を実施。合格した者のみ抜擢しています。
    1. ビジネスマナー研修
    2. 関連法規研修
    3. 階層別研修
    4. 雇用管理担当者研修
    5. 職長研修
    6. QMS・ISMS研修
    7. 上級救命講習
    8. 実技講習
    9. 第一種衛生管理者資格取得

顧客満足の追求

  • マネジメントシステムにより、人材派遣サービスの標準 化が実現。お客様に安定したサービスの提供が可能になりました。
  • お客様やスタッフとの日々のコ ミュニケーションを大切にし、地域密着経営ならではの俊敏なフットワークをいかして、対応することを心掛けています。
  • 年に一度のアンケートを実施し、マネジメントシステムの継続的改善に努めています。
ページの先頭へ